アメリカ現地採用のメリット・デメリット

40歳からアメリカが本社の会社に現地採用で働きはじめて早3年。現時点で私が感じているメリットとデメリットをまとめたいと思う。とりえあず書きなぐってみたものを投稿しているので後でちょいちょい更新していく予定。

最初に断っておくと題名から駐在との比較と思う方もいるかもしれないがそれはこの文章の主題ではない。なるべくアメリカの現地採用の話それ自身に焦点を当てたい。書いてある反対のことが駐在のメリット・デメリットだと言うつもりは微塵もないことをご了承願いたい。 むしろ多くのメリット・デメリットは駐在の方のそれと共通すると思っている。

そもそも私には駐在に関する知識があまり無いので比較した考察はできないのだ。私が働いているのはアメリカの会社で駐在という選択肢はがない。よって駐在経験がなく、また残念ながら駐在されている方との交流もほとんどない。日本人がほとんど居ない地域に住んでおり、土曜日も仕事なので日本語学校にも行けないため接点が少ないためだ。

部分的に駐在との比較が出てくる箇所は伝聞によるものなので間違いがあったら @from_40 宛で指摘してほしい。

まずデメリットから行こう。Bad News First で。

  • 給料が安い
  • 引っ越し代が出ない
  • いつクビになるか分からない

次にメリット。

  • 仕事環境が良い
  • 決まった在籍期間がない

アメリカで働くこと自体のメリット・デメリットはまた別の機会に記事にできればと考えている。

デメリット1. 給料が安い

給料が安いのは死活問題だ。 現地採用なので当たり前だが給料はアメリカの会社からアメリカにある銀行口座にドルで支給される。

私の場合は同じ会社の日本の支社からアメリカの支社への転籍だったのだが、日本での給料をそのままドル円換算された。しかも2015年秋当時1ドル120円程度の円安相場だったのだ。翌年の2016年には1ドル100円位まで円高となった。つまり時期がちょっとずれていれば2割ほどアメリカでの給料が違ったのだ。これは正直きつかった。

単にドル円相場が悪かったからきついだけではないのだ。私は日本の平均から見ればそれ程安い給料で働いていたわけではない。しかしそのままドル円換算してアメリカで暮らしていける給料をもらっていたかと言えば答えはノーだ。絶対的な金額が足りないのである。

アメリカでは家賃を始め生活費が高い。部分的にはガソリンなど安いものもある。じゃがいもや人参などの食材もそれ程高いわけではない。でも長年日本の食文化で育って来た身としてはどうしても日常的に日本的な食事をしたいのだ。しかし日本的な食材をアメリカで調達するにはそれなりにお金かかる。

それでも食生活をあまり変えないことは家族が異国の地で暮らすための心の安定剤ともなり必要経費だと思っている。 話が逸れたがなにが言いたいかと言うとアメリカでの生活はお金が必要なのだ。

追記: 給料に関しては国によらず会社内全体でジョブレベルと給料レンジが明確に決められているため為替による差は発生しないというコメントを頂きました。今は給料をそこそこ貰っているのであまり不満は無いのですが、最初の給料に関してはもう少し交渉の余地があったのかなと後で振り返ると思います。

デメリット2. 引っ越し代が出ない

引っ越し代は一例だがアメリカに移住する際の初期費用はそれなりにかかるものだ。

引っ越し代は当然自腹である。引越し業者の選定や手続きも全て自分で行う必要がある。引っ越し代を安くするために日本の住まいにあった家具などを始めかなりのものを捨ててきた。当然アメリカで買い直さなければならないものも多かった。

かなり恵まれた人の話ではあると思うが、私の知るイギリスに駐在した方の場合は引っ越し代は全て会社持ちだった。日本の家にあったものを全て梱包しいらないものは引っ越し先で分別して捨てたと言っていた。かなりの違いである。

アメリカには最初に私が単身で来てホテル住まいをしながら仕事をし住む家を探した。その間のホテル代やレンタカー代も自腹。住む場所が決まって大家に最初の何ヶ月かの家賃を振り込むのだがそれも当然自腹だ。前任者がいるわけではなかったので住む場所の選定も土地勘がないため大変だった記憶がある。

最初に 銀行口座を作り住むところを決めて電気水道ネットを契約しSSNを申し込んでとなにをどのような順番で行えばスムーズに生活が始められるのかも自分でほぼ一から調べた。

当たり前だがアメリカに来る飛行機代も自腹。これも結構な額になる。航空券の片道切符って結構するのだ。

アメリカは車社会なので車の購入は緊急課題だ。でなければ一週間で$1,000程度の金額に延々とレンタカー会社に払うことになる。通勤に車を使うのならそれ以外に家族が使うための車を最低もう一台は必要だ。このためアメリカに来て割と直ぐに車を二台分購入する必要があった。中古で安いものをとりあえずと思ったがアメリカの中古車の値段はなかなか落ちない。中古車もある程度年式が新しくても走行距離がかなりいっているものも多く状態も様々だ。結果として中古車を1台、新車を1台購入した。

アメリカ一年目はクレジットヒストリーも無いのでローンは組めないと思ったほうが良い。あってもかなり条件が悪い。できれば一括で支払う必要がある。

追記: 頂いたコメントを拝見させていただくと、引っ越し代や一時的なホテル宿泊費及びレンタカー台なども補助してくれる会社もあるようだ。同じ会社でもポジションによって待遇が違う場合もあるようで実際には様々な対応があるようだ。

追記: 私の働く会社では転籍に関して引っ越し代などの補助などはしないとむしろ明文化しているくらいである。実は少しだけ補助は出たのだが実際の金額にはとても及ばなかった。上げてもらえるよう交渉したが 取り付く島もなかった。

デメリット3. いつクビになるか分からない

駐在の方は任期が決まっていたり、あるいは日本の本社側の意向により長くなったり短くなったりするかもしれない。しかしアメリカになるべく長く暮らすことを是とする立場からも私の現在の状況はそれほど安定しているわけではない。

私は現在L1ビザを持っている。これは私が現在働いている会社に紐付いたビザだ。つまり転職などの自由はなくL1ビザの期限が切れたりするとアメリカには居られなくなる。

そしてアメリカの会社は一般的に簡単に従業員のクビを切るものだ。

実際、私がアメリカで働く3年の間にも会社で大きなリストラがあり私の上司とその上司含めてクビになったことがある。幸い私はクビを免れたが、会社をクビになるということは同時にL1ビザを失うことでもある。

3ヶ月以内に同じくL1ビザなどをサポートしてくれる会社を見つけて働き出せば大丈夫だが状況としてはかなり厳しい。そうなった場合は日本への撤退も同じような期間で行わなくてはいけない。

もちろん日本のブランチと協力して仕事をする関係にあり大変助けてもらっている。しかし、いざそうなった場合、やはりアメリカの会社なので日本のブランチがなにかしてくれるかどうかは不透明だ。

メリット1. 仕事環境が良い

デメリット1.と相反するがまずは給料が高い。最初の給料こそ安かったがその後はそれなりに上げてもらった。

当たり前だがアメリカの会社なのでアメリカの給料水準の金額を稼げる。そしてアメリカの給料水準は日本よりだいぶ高いのだ。アメリカは日本と比べて生活コストが高いし物価上昇率も高い。しかしうまく行けばそれなりに給料も上がっていく。

若い人でも仕事に応じて年功序列に縛られない給料体系で評価してもらえるかもしれない。もしかしたら男性と女性の差も日本より少ないかもしれない。

キッチンやプレイルームに集まればワイワイ話もするが、基本的に一線を引いて他人に過干渉せず黙々と仕事する雰囲気も個人的には好きだ。

やることをやっていれば多少早く帰っても文句は言われない。ワーク・ライフ・バランスもアメリカの会社ではより重要視される。アメリカ人の上司も理解があり休みも含めて非常にフレキシブルに対応してくれる。

良いところを積極的に探し褒める文化も好きだ。個人的には全体的にアメリカでの仕事はすごくやりやすいと感じる。

メリット2. 決まった在籍期間がない

現地採用なのでアメリカの会社が雇用主だ。普通のサラリーマンであり契約の終わりは明示的に決められていない。少なくとも私の場合は日本赴任という可能性も限りなくゼロに近い。(アメリカの給料で日本に住めたら最高なのだけど。)

クビになる可能性はあるもののグリーンカードさえ手に入れば即アメリカに居られなくなるという縛りもなくなる。親がグリーンカードを取得できれば子供にも自動的に与えられる。 話を聞くところによるとグリーンカードを持っていれば大学でもらえる奨学金の種類や額も増えるらしい。大学卒業後にもし子供がアメリカで就職したいと考えた場合も、ビザのサポートが必要無いのは非常に有利になるだろう。

長期的にアメリカで住むことを前提とすると、子供のアメリカでの教育に関しても安心して長期的な視野に立てるのは非常に大きい。

なにかしらのビザをサポートしてくれる会社に勤めており在籍期間が決まっていないあるいは長い場合は会社がグリーンカード取得のサポートもしてくれるはずだ。会社側から見れば新しい人を雇い直すより当然効率が良いので自然な流れだと思う。私も少しゴタゴタして遅れたがグリーンカードを現在申請中の身となっている。

おまけのデメリット: 決まった在籍期間がない

決まった在籍期間がないのはデメリットの側面もある。期間が決まっていればアメリカ国内で今年はここで来年はあそことより積極的に旅行などの計画を立てるかもしれない。しかしいつでも行けるとなるとやや腰が重くなるものだ。

子供の英語力もより集中的に伸ばそうとかより思うかもしれない。どこかで「子供はそのうちなんとかなる」と思ってはいないか。

また妻や子供たちのメンタル面も少し心配である。妻は実はアメリカ行きはあまり乗り気でなかった。例えば3年なら3年と期間が決まっていれば耐えられるものも、いつ終わるかわからないとなると苦しみが増し耐えられないこともあるかもしれない。長男はかなりアメリカに馴染んで来たが年下の長女はやや心配なところがある。

以上、アメリカ現地採用のメリット・デメリットでした。

アメリカの休日/有給事情 – シックタイムとは何か

アメリカ人はマジ働く。特に管理職系は滅茶苦茶働く。国の経済がこれだけ豊かで天然資源に恵まれその上人々はワーカホリックとか本当マジすかって感じ。

私が働くアメリカの会社は去年まで年間で休日がなんと8日しか無かった。連休はサンクスギビング(11月)とクリスマス(12月)の二回だけ。年間の休日の半分がそこに集中していた。正月も元旦だけ休みで1月2日からは普通に仕事だ。

今年になってキング牧師記念日ワシントン誕生日が加わり10日間となった。一方、日本では今年は令和元年でゴールデンウィークが長いため正月休みを含めれば既に5月上旬にして10日は休日があったはずだ。

しかし一方で有給消化率(日)については日本は調査対象となった19ヶ国で最下位だと言うデータがある。しかも日本人は有給休暇を取ることに一番罪悪感を覚えるのそうだ。私も長く日本でサラリーマンをして来たのでこれは分かる。

【世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018】 日本の有休取得率、有休取得日数、ともに世界最下位 「有給休暇の取得に罪悪感がある」と考える日本人は世界最多! (エクスペディア)

だがこの点でもアメリカ人は負けていない。アメリカの有給休暇取得日数は日本と並び最下位だ。有給休暇に罪悪感を感じる人の割合も下から4位で40%近くに昇る。

でも違いが無いかと言えばそうではない。私がアメリカと日本で休日/有給の考え方について大きく違うと感じたことが一つだけある。それはシックタイム (Sick Time) あるいはシックリーブ (Sick Leave) と呼ばれるものが有給とは別にあることだ。

これは州による定めとなるが Wikipedia によると 現時点(2019年5月)では10 州で同様の制度があるようだ。マサチューセッツ州では比較的早い2015年に法律ができている。

名前から推測できる通りシックタイムとは病気や怪我などが理由で会社を休む際に利用できる有給となる。通常の有給とは別に数えられる。

マサチューセッツ州ではシックタイムが30時間働く毎に1時間与えられ、年間で最大40時間取得できる。子供/配偶者/親などの病気や怪我でも対象となる。労働者や子供が関係した家庭内暴力の問題にも割り当て可能だ。3日以内であれば医師による診断もいらないようだ。

私がこの制度を知った時の最初の感想は「これって日本でいう普通の有給休暇じゃないの?」だ。病気の時に使うもの。それが有給だとうい考え方を日本のサラリーマンの多くがまだどこかに持っているのではないだろうか。元気で休むのは後ろめたい。そんな感じが前述の「罪悪感」の正体にも思える。

シックタイムという考え方はアメリカだけのものではない。ヨーロッパなどの国々ではより一般的な考え方のようだ。元記事ではブラジル/フランス/スペイン/ドイツでは年間で30日もの有給休暇を取得している。これがシックタイムを含む数字かは書いていない。また病気になり休む日数は健康な人ならば年間でもそんなには多くはないだろう。しかし30日と言うのがもし純粋なリクリエーションのための休暇として取られているならば実際の差は数字以上のものがあるかもれない。

私の日本人の同僚が「30年ほど前に日本のメーカーで働いていた時は、有給休暇は結婚式か葬式以外では使わないのが当たり前だった」と当時を振り返り教えてくれた。そこから比べれば平成でだいぶ日本も変わったのだと思う。

しかし一方で、ワーカホリックのアメリカとの距離を少しでも縮めようとすればやはり日本もワーカホリックで対抗するしかないのかなとも思ったりする。難しい問題である。

来場数7万人超え ボストン日本祭り

第8回を迎えるボストン日本祭りに行って来た。

ボストン日本祭りは毎年4月下旬の桜が咲く季節にボストンコモンというボストンの中心に位置する公園で行われる。今年(2019年)は京都ボストン姉妹都市提携60周年に開かれたお祭りとなった。

ホームページの説明には以下のようにある。

アメリカへの桜の植樹100年を記念して、2012年に第1回ボストン日本祭りが開催されました。3,500人の規模を想定した第一回は、予想を大きく上回り、15,000人もの来場者にお越しいただいたという初年度から、現在は7万人を超える祭りに成長しました。

最近日本成分が多い我が家であるが、今回の目的もラーメンなどの日本の食べ物だ。人気のお店は長蛇の列となる。今年見た中ではシュークリームのビアードパパが最長の列となっていた。今年最長の列となったのはフリッパーズというパンケーキ屋さんで待ち時間は1時間半だったらしい。

大阪にあるお店あるいは大阪の食べ物が多かったように思う。なにか地域的な繋がりがあるのかもしれない。

Yume Wo Katare は我が家ではボストン日本祭りの定番となっている。もともと京都のお店で、アメリカでは珍しい二郎インスパイア系のラーメン屋さんだ。ハーバード大学やMITから電車で1,2駅の所に店舗があり、店内では店員に促され本当にお客さんが夢を語るという不思議な空間となっている。売上は好調なようだ。(ちなみにボストンは観測史上一度も-40度までにはなってません!> 元記事)

会場ではお箸やおちょこなど日本の小物を売る出店や茶道/生花/将棋などのワークショップ、JAL/ANA/ヤマト/旅行代理店などの多数のブースあった。ステージでは雅楽やダンスなどの出し物があり全体的に非常に賑やかだ。

その中に「令和」Tシャツを発見。河合隼人さんという方のデザインのようだ。ボストンにちなんだイラストがインスタにも多数あり面白い。

植物の苗を売っているお店もあった。我が家ではきゅうり/トマト/大葉/水菜の苗を購入。特にきゅうりは日本のきゅうりらしくアメリカではなかなか買えない代物だ。無事育って食べられるようになるのが楽しみ。

運営している皆様、お疲れ様でした。