ウイスキーをアメリカで買うと安いのか – アメリカウイスキー事情

アメリカと言えばなにを思い浮かべるかは人によって様々だと思う。しかし大人な紳士淑女の中には「アメリカと言えばウイスキーだ」と言う人もいるだろう。ビールやワインももちろん有名だが、アメリカのお酒と言えばバーボンを初めとしたウイスキーも負けじと有名なのだ。

私は旅行や出張などの出先でまず思うことがある。「どっかで酒買えねえかな」と。土地勘が無い場所だと 特に初日は深刻な問題だ。アメリカは州によってはお酒が普通のスーパーやコンビニに売ってない場合もある。移動手段は車となるため「どうせならその土地のお酒が飲みたいな」などと思いながら長距離ドライブを敢行するすることとなるのだ。夜到着とかだと尚更だ。

やっとお酒が買えるお店にたどり着き 「アメリカと言えばバーボンだ」 とか言いながら値段を見て「えっ?」となったことが多々ある。日本で買うより高くね?と。

これは私が長年抱いてきた疑問であったので今回検証してみることにした。と言っても近所の酒屋で写真撮ってきただけだけど。お店は消費税がないニューハンプシャー州の安売りの酒屋。ウイスキーやワインなどアルコール度数の高いハードリカーが専門だ。

まずは私の好きなアメリカのウイスキー Jack Daniel’s から。

高くないですかこれ?1,000mlだけど日本なら700mlだけど2000円位のはず。でも税込みだと 2,246円 らしい。1,000mlだと3,208円だ。って、あれ、そんな高っく無かった。。今は$1が106.47円なので$25.49は2714円くらい。って逆に安いな。これを見ると2014年で ¥1,726 なのでもしかして日本だと値上がりしてるのか。っていうか円高いな。。(乱文)

気を取り直して比較を続けよう。

今度はバーボン。ワイルドターキー。写真には年数が書いてないけどたぶん8年。750mlで$19.99(2128円)。日本だと700mlで3002円

Jim Beam。 サントリーが 2014年1月13日 に総額160億ドル(約1兆6500億円)で買収している。これは 1,000mlだろうか。$14.99(1596円)。日本だと1,000mlで1,480円。やっと日本のほうが少しだが安いお酒を見つけた。

Maker’s Mark。750mlで$24.99(2661円)。日本だと700mlで2780円

輸入ものであるスコッチを比較してみる。The Glenlivet 12年。 私の一番好きなウイスキーだ。 750mlで$45.99(4897円)。日本だと700mlで3480円。比べてしまうと高くて飲めない。

ジョニ赤が750mlで$24.99(2661円)。日本だと700mlで980円。ジョニ赤で2661円って。。。CUTTY SARK は750mlで$17.99(1,915円)。日本だとやはり1,000円くらいだと思う。

CHIVAS REGAL 12年は750mlで$32.99(3,512円)。日本だと700mlで2,280円だ。 ちなみに Old Par がたまに飲みたくなるんだけどここの酒屋では売っていなかった。スコッチはだいぶ日本のほうが安い。

次は日本のウイスキー。響。750mlで$74.99(7984円)。日本だと700mlで4,980円。流石に日本のウイスキーは日本のほうが安い。

ところで当然だが所変わればお酒の定義も変わる。なにをウイスキーとするかというのが日本とアメリカで変わるのだ。日本で見たことのないウイスキーが売られていて、 中には日本では焼酎の分類となるものがウイスキーとして売られているものもあるのが興味深い。

しかしなんで今までそんなアメリカではアメリカのものでもウイスキーがそんな高いと思ってたんだろうな。。日本ではほぼ最安値で買っていたし、アメリカでは逆に出張先で最初に見つけたところだったので割高で買っていたのもあるのかな。

結論: アメリカのウイスキーはアメリカで買うと安い

Author: from_40

米マサチューセッツ州でサラリーマンやってます。40歳で渡米しました。それまで海外で暮らした経験無し。現在3年目。現地採用。在宅勤務。妻と小学年2人の子供との4人暮らし。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)