アメリカには二郎系が食べられる場所が2つある。

「ああ、次郎系が食べたい。アメリカで。」

そう思ったことはないだろうか。そんなあなたに耳寄りな情報だ。ある、LAそしてボストンに。今回はボストンのにある二郎系ラーメン屋「Yume Wo Katare」についてご紹介する。

場所は正確にはボストンではなくハーバード大学やMITがあるCambridgeという町にある。 Red Line と呼ばれる路線の電車に乗るとボストン中心部の Park Street 駅から16分のPorter駅から歩いて数分でたどり着く。

ボストンのマイナスとなる冬場でも行列ができるお店として有名でもある。もちろん現地の日本人向けではなく現地に溶け込んだ色々な客層の人が来る。果たしてどんなラーメンが出てくるのだろうか。

お店の外観はこんな感じ。ガラス窓には “This is not a ramen shop.” (ここはラーメン屋ではありません) と書いてある。 そう、このお店は名前のとおり「夢を語る場所」なのだ。でももちろんついでと言ってはなんだか次郎系ラーメンも食べられるのでご安心を。

でもこの「夢を語る場所」というところに店主の並々ならぬ情熱があるようだ。売上も好調なようである。

こちらがお待ちかねのラーメン。見た目も味も間違いなく次郎系だ。

店内に入ると席が全て厨房の方を向きまるで学校の教室のようだ。料金はお店に入る際にレジで支払う。ラーメンの種類はレギュラーとチャーシューを増量した豚のみ。水はセルフ方式だ。

食べ終わるとお店の人に促されみんな自分の夢を語る。 Cambridge という町柄学生が多いが警察官や美容師などそうでない人も自分の夢を堂々と語る。もちろん夢を語るかどうかはあなた次第だ。私は勇気が無いので単にラーメンを食べて帰って来たけど。。

帰りにはチャーシューもお持ち帰りで購入。

美味しかったです。

みんなの前で堂々と夢を語る勇気と英語力と、あと二郎系ラーメンを食べても胃もたれしない胃袋が欲しい。

Author: from_40

米マサチューセッツ州でサラリーマンやってます。40歳で渡米しました。それまで海外で暮らした経験無し。現在3年目。現地採用。在宅勤務。妻と小学年2人の子供との4人暮らし。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)