来場数7万人超え ボストン日本祭り

第8回を迎えるボストン日本祭りに行って来た。

ボストン日本祭りは毎年4月下旬の桜が咲く季節にボストンコモンというボストンの中心に位置する公園で行われる。今年(2019年)は京都ボストン姉妹都市提携60周年に開かれたお祭りとなった。

ホームページの説明には以下のようにある。

アメリカへの桜の植樹100年を記念して、2012年に第1回ボストン日本祭りが開催されました。3,500人の規模を想定した第一回は、予想を大きく上回り、15,000人もの来場者にお越しいただいたという初年度から、現在は7万人を超える祭りに成長しました。

最近日本成分が多い我が家であるが、今回の目的もラーメンなどの日本の食べ物だ。人気のお店は長蛇の列となる。今年見た中ではシュークリームのビアードパパが最長の列となっていた。今年最長の列となったのはフリッパーズというパンケーキ屋さんで待ち時間は1時間半だったらしい。

大阪にあるお店あるいは大阪の食べ物が多かったように思う。なにか地域的な繋がりがあるのかもしれない。

Yume Wo Katare は我が家ではボストン日本祭りの定番となっている。もともと京都のお店で、アメリカでは珍しい二郎インスパイア系のラーメン屋さんだ。ハーバード大学やMITから電車で1,2駅の所に店舗があり、店内では店員に促され本当にお客さんが夢を語るという不思議な空間となっている。売上は好調なようだ。(ちなみにボストンは観測史上一度も-40度までにはなってません!> 元記事)

会場ではお箸やおちょこなど日本の小物を売る出店や茶道/生花/将棋などのワークショップ、JAL/ANA/ヤマト/旅行代理店などの多数のブースあった。ステージでは雅楽やダンスなどの出し物があり全体的に非常に賑やかだ。

その中に「令和」Tシャツを発見。河合隼人さんという方のデザインのようだ。ボストンにちなんだイラストがインスタにも多数あり面白い。

植物の苗を売っているお店もあった。我が家ではきゅうり/トマト/大葉/水菜の苗を購入。特にきゅうりは日本のきゅうりらしくアメリカではなかなか買えない代物だ。無事育って食べられるようになるのが楽しみ。

運営している皆様、お疲れ様でした。

Author: from_40

米マサチューセッツ州でサラリーマンやってます。40歳で渡米しました。それまで海外で暮らした経験無し。現在3年目。現地採用。在宅勤務。妻と小学年2人の子供との4人暮らし。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)